腕時計紹介

チプカシ改造計画。シンプルな大人カスタムを考える。液晶反転・文字盤塗装 カシオ CASIO f-91 カスタム

casio f-91w custom全体写真

どうもstepです。もう春ですね。元号も「令和」に決定して新たな年に向かってstepも色々と頑張っていきたいと思います。今回は「カシオ CASIO f-91w」を自分なりにカスタムした話を紹介します。ちなみに自分で分解改造したりすると保証などのサポートは受けられなくなるのでご注意ください。また、風防を外したりもしますので防水性も失われるものだと思って作業した方がいいですし、カスタム後は出来るだけ水に浸したりしないように気を付けた方が安全です。(stepは改造を推奨している訳ではありませんので、やる時は自己責任で)

春の桜
春ですね。

チープカシオ f-91w をカスタムしました

さて本題ですが、stepがカシオf-91wを購入してからしばらくは特にカスタムすることもなくアウトドアやバイクツーリング等で気に入って着用していました。ですが、時が経つにつれてだんだん風防にキズがついたりして(かなりラフな使用に加え、着けてるのを忘れるくらい軽いので色んなところにガシガシぶつけてキズがつきました)使用感が目立ってきたのと、多少飽きがきたということもあってここらで違った雰囲気を楽しもうと思いカスタムすることにしました。

CASIO f-91wの説明はこちらです。(カシオ公式ホームページより)

 CASIO f-91w カスタム(チプカシカスタム)装着イメージ1
CASIO f-91w カスタム後はこんな感じ。
 CASIO f-91w カスタム(チプカシカスタム)装着イメージ2
CASIO f-91w カスタム後

どうでしょうか。シンプルかつ大人な感じが出たでしょうか。

チプカシの代表的なモデルですね。

Amazonで「CASIO f-91w」を探す

楽天市場で「CASIO f-91w」を探す

主なカスタム箇所

【ケース】そのまま

【ベルト】そのまま

【文字盤】偏光フィルムで反転液晶化

【風防】裏からブラック塗装

まず、stepはチープカシオを大人っぽくかつシンプル (大人カスタム) に仕上げたかったので文字盤は、風防のデザインも一色、ベルトもそのまま純正のといった漆黒をイメージしてカスタムしました。反転液晶は日中の日差しの下などで多少見えづらくなりますが、今回のカスタムには必要なのでデザイン重視で取り入れました。

大人カスタム(チプカシカスタム)全体写真1
使い込んで、結構キズがついています。粗も目立ちますね。

裏蓋写真
裏蓋
左サイドからの写真
左サイド
右サイドからの写真
右サイド
ベルトはカシオ純正のままです。
ベルトは純正のままです。

大まかな手順

準備:まず、けがをしないように手袋等を装着して安全を確保し、塗装はマスクをして換気の良い場所で行いました(安全第一です)。

1.裏蓋のビスをはずす

2.モジュールを取り出す(サイドのボタンとの取り合いに注意しながら丁寧に)

3.取り出したモジュールの液晶表示部分の表面に付いている偏光フィルムを剥がす(角をカッターで少し持ち上げてから指でつまんで丁寧に剥がしていく)

4.フィルムを剥がすと、モジュール表面に糊が残りますので、除光液やベンジンなどできれいにふき取る

5.モジュールに新しく用意した偏光フィルムをあてて回してみる。するとある角度で反転するのでその角度を覚える

6.向き(角度)が決まったら、剥がした偏光フィルムと同じ型で新しい偏光フィルムをカットする(偏光フィルムは粘着付のものを使いました)

7. モジュールに偏光フィルムを張り付ける

8・次に風防の塗装に移ります。風防はケースに貼り付け?接着?されています。ですので裏から風防をケースをしっかり両手で持ち、親指で押しながらゆっくりゆっくり剥がしていきます。(めちゃくちゃ固いです。又、無理して力を入れすぎると風防が割れる可能性があります)

9.風防の取り外しが無事できたら、裏に元のデザインがプリントされているのでそれを除光液で拭き落とす(この時、元のプリントの「この線は残そう」とか、「この文字は残そう」とか、拭きとる部分を変えることによってデザインで遊べます。拭きとるときはマスキングテープを上手く使いながらやるといいです。stepはシンプルにしたかったので元の線や文字のプリントは全て落としました)。

10.デジタル表示がされる部分にマスキングテープでマスキングをして、換気のいい場所で風防の裏から塗装スプレーを吹き付ける。

11.十分乾燥したら、マスキングテープを剥がす。

12.分解した手順と逆の工程で組み上げる。(適宜、細い粘着テープやポイントで接着剤等を使って張り付ける)

13.組みあがったら、ボタンがきちんと機能するかや風防がしっかり固定されているかなどを確認する。

14.完成

とまあ、大雑把ですがこんな感じです。stepは風防のプリントを全部拭き落としてしまったので、液晶表示される部分の風防とのマスキングの位置合わせがめちゃくちゃ面倒でした。

※風防の枠線は消さないように気を付けた方がいいです。

カスタム(チプカシカスタム)完成写真
カシオ CASIO f-91w カスタム完成

使ったもの

・偏光フィルム(片面粘着ありタイプ)

・スプレー缶(タミヤの模型用ブラック艶あり)

・マスキングテープ(3Mメーカーのやつ)

・除光液・ベンジン(拭きとりや掃除の為)

カスタム・改造に使用した材料
カスタムに使用した道具

まとめ

stepは今までにでにいくつか似たようなカスタムはしているのですが、「CASIO f-91」は風防を外すのが固くてすごく大変でした。まあ、元々キズだらけですし、カスタムの粗が目立つ部分もありますが、世界に一つだけの時計になったので良しとしますか。

CASIO f-91w カスタム 装着イメージ
上の写真は装着イメージです。どうでしょうか。

今回は「シンプルな大人カスタムを考える。液晶反転・文字盤塗装 カシオ CASIO f-91 カスタム 」という記事でしたがいかがだったでしょうか。腕時計のカスタムって楽しいですよね。うまくいかない時も多々ありますが(笑)。そうそう、このブログでも腕時計のカスタムや改造等をよく紹介させて頂いてますが、周りとはちょっと違う個性的な時計を探している人には「手作り腕時計専門店の通販サイトJHA Online Store」 はわくわくして楽しいですよ。個性的な時計が購入できます。



手作り時計専門店 JHA online store

【最近気になる時計 】

チプカシのデジタル時計は軽くて丈夫でカスタムもしやすいのでよく着用してますが、最近気になる時計がFUTURE FUNK(フューチャーファンク)です 。メカデジなんて呼ばれているジャンルの時計です。クウォーツ時計ですが、ローラーが縦に回転して時刻を表示するのですがアナログチックで実にかっこいい。その様子はメーカーのホームページに動画なんかも載っていて楽しいです。1970年代に機械式ローラー式時計は発売されていたのですが、その時計たちにオマージュを捧げて現代に蘇った感じですかね。古い時計だと故障やメンテナンスが心配ですが、 FUTURE FUNKは新品で購入できますのでその辺も安心できそうですね。値段もリーズナブルでデジタルの良さとアナログの良さを兼ね備えた時計。う~ん。これいいなあ。

Amazonで「FUTURE FUNK」を探す

楽天市場で「FUTURE FUNK」を探す

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。腕時計に乾杯!