腕時計紹介

オメガ OMEGA シーマスター 200m プロフェッショナル。ブラックダイヤル×ゴールドのコンビカラーがお気に入り 

オメガ シーマスター 200

皆さまいかがお過ごしでしょうか。stepです。今回は「オメガ OMEGA シーマスター 200 プロフェッショナル ダイバー」の紹介をしたいと思います。

この時計はヤフーオークションが始まってすぐぐらいの時期に中古で落札したものです。ヤフオクが始まったのが1999年ですので、かれこれもう20年くらい前なのですね。つい最近のような気がしてましたが時が経つのは早いです。当時はオークションなんて慣れていない事もあって、落札したもののちゃんと届くのかなあ、とか少しドキドキしたのがいい思い出です。時計自体の製造は1980年代だと思います。その後無事に落札した商品は届きました(笑)。

オメガ OMEGA シーマスター 200 着用イメージ

この時計を気に入ったポイントはブラックダイヤルにゴールドの配色ですかね。当時はシルバー系配色の時計はいくつか持っていたので、なんだかゴールドが妙に新鮮にみえて気に入ったのを覚えています。そして何気にメルセデス針(ベンツ針)もお気に入りのポイントです。 購入した当時は毎日のように着けていました。夏は海やプールにも着けたまま入っていましたし、その他アウトドア全般でも使用していました。ガンガンぶつけたりしていましたのでご覧の通りベゼルはキズだらけ、全体的にボロボロです(笑)。又、中古にも関わらずシーマスターの名をいいことに水中に着けたまま入っていましたが、今思えば防水がちゃんと効いて、機械に水が入らなくてホント良かったと思っています。

オメガ OMEGA シーマスター 200 自作ブレスと

自作ブレスと一緒に

オメガ OMEGA シーマスター 200 正面より

フェイス かなり使い込みましたのでキズだらけ(笑)。いい思い出です。

オメガ OMEGA シーマスター 200 右サイド

右サイド

オメガ OMEGA シーマスター 200 左サイド

左サイド

オメガ OMEGA シーマスター 200 裏蓋

裏蓋

オメガ OMEGA シーマスター 200 ダブルロック式バックル

ダブルロック式バックル

最近は着けることも少なくなっていますが、久々に着けようと思ったら電池切れ。早速電池の交換からしたいと思います(この20年で何度も自分で電池交換しました)。

まずは電池交換

※使用する電池は SR916SW。

リングを外して裏蓋を取る

オメガ OMEGA シーマスター 200 電池交換1

新しい電池に交換

オメガ OMEGA シーマスター 200 電池交換2

清掃及び、パッキンにグリスを塗って蓋を閉める(本当はパッキンは交換した方がいいのですが、手持ちがなかったので再利用)。

オメガ OMEGA シーマスター 200 電池交換3

交換完了。

オメガ OMEGA シーマスター 200 電池交換完了

電池は2~3年毎に交換する感じです。

オメガ OMEGA シーマスター 200 自作ブレスと2

オメガ シーマスター200 スペック

【駆動】 クォーツ 電池式 (SR916SW)

【サイズ】横:約36mm(リューズ除く)  縦:約41mm(ラグからラグ)  厚さ:約8mm

【重さ】約100g

【ケース】 ステンレス

【防水】200m

【ベルト】 ステンレス・ダブルロックバックル

【その他機能】デイト表示・ 逆回転防止機能ベゼル・ハック機能(秒針停止) ・ねじ込み式リューズ

オメガ OMEGA シーマスター 200 着用イメージ2

どうでしょうか。

楽天市場で「オメガ シーマスター 200」を探す

YAHOO!ショッピングで「オメガ シーマスター 200」を探す

使用感・思うこと

デザインとしては配色にゴールドが入ってきますので好き嫌いが分かれる所かと思います。又、ちょっと古臭さを感じるかもしれません。ただ、今着けるとこの古臭さというかオールド感が個人的には懐かしくもあり、実に心地よく感じます。型はスタンダードなダイバーズですので長年使用しても飽きません。

オメガ OMEGA シーマスター 200 着用イメージ5

次にサイズ感ですが、ダイバーズにしては小ぶり(ボーイズサイズっていうんですかね)なので、時計だけが目立ってしまうこともなく腕への納まりがとても良いです。とくに手首が細い方にはおすすめのダイバーズです。

最後に機能面ですが、必要最低限(デイト表示まで付いてます)のものはありますし、クウォーツなので精度は抜群ですのでとても実用的な時計だと思います。一つ、不満というほどではありませんがラグ部分が特殊なので、ベルトは専用のものしか取り付けられない所がちょっと残念・・、という感じです。

オメガ OMEGA シーマスター 200 着用イメージ6

まとめ

今回は「オメガ OMEGA シーマスター 200 プロフェッショナル ダイバー」の紹介でしたがいかがだったでしょうか。シーマスター200は自動巻きモデルもありますし、カラーも今回紹介したゴールドのコンビカラーの他にスタイリッシュなシルバーモデルもあります。古い時計ですが今でもオークションサイトやフリマサイトで見かけますので、もし気に入ったら探してみるとお気に入りの一本に出会えるかもしれません。stepの場合は初めてオークションで購入した時計ということもありとても思い出深いですね。今回、電池も交換したことだしまたしばらくは活躍してくれると思います。ただ最近はもう防水性はないものとしてできる限り水にはつけないようにしてますね。シーマスターなのに(笑)。まあ、いずれにしても古い時計なのでいたわりながら大切にできる限り長い付き合いをしていきたいと思っています。

オメガ OMEGA シーマスター 200 着用イメージ3

出来るだけ長く使いたいものです。

楽天市場で「オメガ シーマスター 200」を探す

YAHOO!ショッピングで「オメガ シーマスター 200」を探す

オメガ OMEGA シーマスター 200 自作ブレスと3

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。腕時計に乾杯!