腕時計カスタム

ダイソー時計 ブループラネットSをカスタム・改造。NATOベルトの取り付け方法とは?

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム

皆さまいかがお過ごしでしょうか。stepです。今回はダイソーの腕時計 ブループラネットSにダイソーのNATOベルトを取り付けましたので紹介したいと思います。

以前「ブループラネットS」は別の記事で紹介しています。又、「ダイソーのNATOベルト」の記事も紹介していますので、興味のある方は「あわせて読みたい」からどうぞ。

ブループラネットSはデザイン良し、視認性良し、最低限の機能も揃っている等々、300円とは思えないクオリティです。 個人的にとてもお気に入りの時計です。ただ、ベルトがふにゃふにゃしていてあまり好きではなかったことと、多少飽きたのでイメチェンしたい(笑)こともあって今回のカスタムをしました。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 完成

ダイソーNATOベルト装着後 どうでしょうか。

ブループラネットSのベルト取り付け部分はピン2本で留まっている特殊な構造になっているので、そのままだとNATOベルトには交換できません。そこで今回はstepが考えた取りつけ方を紹介します。取り付けには加工が必要で、失敗すると時計が使えなくなる可能性もありますので良く考えた上、自己責任で。それでは行ってみましょう。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 特殊構造

専用設計というかちょっと特殊な構造になっていますね

準備したもの

○ブループラネットS(時計本体 ダイソーで300円)

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 本体

○NATOタイプベルト(ダイソーで100円)今回はよく「ボンドカラーとかボンドストラップ」なんて呼ばれている柄を取り付けます。

※ ボンドカラーとはジェームスボンドが007の劇中でこの配色のベルトを使用していことから、人気アイテムとなりました

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルト

○クラフトのこ(OLFA 125B) を使用しました

Amazonで「クラフトのこ」を探す

楽天市場で「クラフトのこ」を探す

○デザインカッター 普通のカッターでも大丈夫ですが、先の細いデザインカッターの方が作業がしやすいです。

Amazonで「デザインカッター」を探す

楽天市場で「デザインカッター」を探す

○半田ごて ライターで炙ってもいいですが、半田ごての方が作業がしやすいです。(ベルトの切れ目の補強・ほつれ防止に使います)

Amazonで「半田ごて」を探す

楽天市場で「半田ごて」を探す

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 道具

加工・取り付け手順

①ベルト付け根の2本のピンを押し出してはずす。

②時計本体の2本のピンが刺さる手前側の穴の部分のプラスチックをクラフトのこで切断。時計側のピンの穴を傷つけないように慎重に作業する。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ラグ切断

プラスチックは滑りやすいので刃がずれないように気を付ける

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ラグ切断完了

切断完了

③切断面はヤスリ等で整える

④外したベルトを本体に取り付ける。手前のピンがむき出しになっているのがわかると思いますが、このままではラグ幅が狭すぎるのでデザインカッターでラグの両端部分を切り取って16mm程度まで広ます。ラグ部分の両脇はゴムで柔らかいのでカッターで切れます。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ラグ幅拡大

切りにくいのでけがをしないように

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ラグ幅拡大完了

雑ですみません。まあ、みえなくなるからいいっか。(笑)

⑤余分なベルトをカッター・ハサミ等でと切り落とす。定規を使ってまっすぐ切ると仕上がりが綺麗になります。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 余分なベルト切断

柔らかいのでカッターで簡単に切れます

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルト切断完了

切り口がまっすぐになるように

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 加工完了 表より

片側完成

⑥同じ手順でもう一方も加工する。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 時計下準備完了

両側完成

⑦時計側の下準備は完了。次はNATOベルトの加工に移ります。

⑧NATOベルトに取り付け位置をマークする(時計のピンの位置)。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルトしるし

⑨ハサミで4カ所切り込みを入れる(ベルト幅を縮めるために)。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルトハサミでカット

⑩半田ごてでラグ部分を焼いて補強・ほつれ止めをする。半田ごてがなければライターでもOK

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 半田ごてで補強

半田ごての方が作業はしやすいです

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルト加工完了

またまた雑ですみません。

⑪時計にベルトの切れ込みを合わせて押しつけながらピンを挿入してベルトを取り付ける。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルト装着

ピンを入れた後、グラつきがないかよく確かめる。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 ベルト装着完了

ベルトをかぶせて完成

⑫完成。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 完成

正面より

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 完成 サイドより

サイドより

とまあ、こんな感じです。

どうでしょうか。ボンドカラーのNATOベルト、なかなかいい感じだと思いませんか?

使用感・着けごこちも良好です。ベルトに切り込みを入れていますが処理もしっかりしていますし、時計も軽いので今のところ外れてしまう様な不具合はありません。

まとめ

今回は 「ダイソーの腕時計ブループラネットSにダイソーのNATOベルトを取り付ける」というカスタム・改造でしたがいかがだったでしょうか。時計本体に加工が必要になるカスタムで元のベルトはもう付けられませんのでその辺を良く考えて納得してから作業した方がいいと思います。 次に交換するベルトはまたNATOベルト(加工あり)になりますね。stepは元のベルトは好みではないのでNATOベルトに交換してとても満足しています。次に交換する時もまたダイソーの別の柄のNATOベルトに交換しようと思っています。何といっても100円ですから思う存分加工出来ます。色々な雰囲気を楽しめそうですし自分だけのブループラネットSを作るのも楽しいのではないでしょうか。ちなみにブループラネットSは予備でもう一つ購入済です(笑)。

ダイソー ブループラネットS NATOベルトカスタム・改造 装着イメージ

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。腕時計に乾杯!